×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ミュージカルテニスの王子様 Dream Live 1st レポート (2004/6/21U P)

※前サイト「庭球歌劇」に掲載したのと同じ内容です。


すっかり遅くなりましたが、テニミュライブの簡単なレポです。
本格的にレポを書き始めると、とんでもなく長くなってしまうので永山さん重視で書きたいと思います。(それでも長くなりそう;)

待ちに待った2004年6月13日(日)
行って来ました某体育館!
ちなみに私は午前、午後と両公演参戦☆
ステージに向かって左端、真ん中より少し後ろ目でした。
午前の席は丁度、関係者席が見えて開演ギリギリに入って来た「柳君、イチ君、森川さん、森本さん、宮野さん、高木さん」を確認することができました。(反対側の関係者席にはテニプリ声優陣の方々が来ていたそう)
思っていたよりもずっと元気そうな柳君を見て、少し安心しました^^
ライブ中もチラチラ見ていたのですが、皆さんとても楽しそうでしたよ〜w
特に宮野さんと高木さんが(笑)


◆第一部◆

会場が暗くなり、モニターに次々と青学レギュラーが映し出されます。
その度に歓声が!
そして、レギュジャを着た青学メンバーが登場。
華麗なダンスを披露致します。
その後、代表で大石役の土屋さんが挨拶し、
新リョーマの紹介。
遠藤君は「ちぃーッス」と本当に一言だけ挨拶(笑)
気を取り直して土屋さんが「今日はライブなので声援、拍手大歓迎です!一緒に盛り上がりましょう!!」と。

会場のテンションを上げた後、『これが青学レギュラー陣なのだ!』が始まりました。
メロディーは同じでも歌詞がライブ用に変更されていて、覚えているのは不二=我らがコートの貴公子〜♪と手塚=敗北の似合わない男〜♪みたいな…?(ダメじゃん;)
聞き取るのは難しかったです…。
それぞれのキャラが紹介された時に言う台詞があったのですが、菊丸の場合は、

「充電完了!」

でしたv
客席から大歓声が上がった後に、

「みんな〜!おまたへ〜!!」

菊丸語炸裂☆
もうそれだけで、客席のハートを鷲づかみですよ(爆)
めちゃくちゃ可愛かったです。

次の曲は『負けず嫌い』でした。
この曲凄く好きですvv 
振り付けも「未来に向かって〜♪」の所からが皆さんセクシーで特に(笑)

ここで、レギュラー陣は一度退場。
1年トリオが登場し、堀尾が会場のウンチク(広さやロッカーの数の由来など)を披露。
カチローの説明では「青学レギュラーの皆は今日ここで、全国大会に向けてライブをしている」と。
ここで「テニス関係ないじゃん」ともっともな堀尾のツッコミあり(笑)
さり気なく南次郎も登場し、ラケットの代わりにスティックバルーンを2本持っていて驚いていました。
そして観客に使い方を教わっていた(笑)
その後、1年トリオは地味な仕事が多い…みたいな話になり、今なら先輩が居ないから踊ろう!と。
カツオは海堂の『タフ』が歌いたいと言い、カチローは桃城の『俺は桃ちゃん〜青学の暴れん坊〜』を歌いたいと、どっちが格好良いかの言い合いに…
するとステージ左側から海堂が登場。

1年トリオ「やっぱり海堂先輩だよね〜」

ところが、遅れて右側から桃城登場。

1年トリオ「や、やっぱり桃ちゃん先輩だよね〜」

例の如く桃城と海堂の喧嘩が始まります。
散々言い合った後、

桃城「もう、あったまきた!今日こそ決着つけてやる!ちょっとお前、表出ろ」
海堂「あぁ、のぞむところだ!」

海堂を先に歩かせ、桃城はカツオに何か指示。

カツオ「キュウ!」

隙をついて「俺は桃ちゃん〜」のイントロがスタート(笑)
そして、桃城が海堂に「お前も一緒に踊れよ」と声を掛けます。
結局、桃城に先を越されて全然乗り気じゃなかった…むしろ不機嫌だった海堂が、例の「ポッポッポワァ〜♪」の部分になった途端、ノリノリで踊り出したのには観客一同大爆笑。
一見の価値有りです!
2度目の「ポッポッポワァ〜♪」を桃城が歌おうとした所で海堂が割り込み『タフ』が始まります。
この途中で乾が登場し、トレーニングを終えた海堂に差し出したものは「乾汁」!!
ちょっとだけ飲んだ後の海堂は、その後息も絶え絶えに続きを歌っていました(笑)
『俺は桃ちゃん〜』と『タフ』が交互に歌われる形でした。

歌が終わった後、また喧嘩しながら二人が退場すると、乾とタカさんが登場。
「自分達には華が無い」と自虐的な会話から、「せっかくの持ち時間なんだから、何かやろう」と結論。
そこで乾が「じゃあ、俺が妄想したキラキラしたあの曲が歌いたい」と提案…(笑)
二人で音響さんと照明さんに一生懸命お願いしている姿が健気でした;;
その甲斐があって「せーのっ」の掛け声で、『菊丸VS不二〜ライバルな二人』のイントロが流れます!
大喜びの二人…トコロが!?
ピンスポットと共に左側から不二、右側から菊丸が登場!!
湧き上がる歓声「これは俺たちに向けられたものじゃない!」と捨て台詞(?)を残し、乾とタカさん退場。
追加公演の時はKimeちゃん中心で観ていたこの曲、今回はバッチリ永山さん中心で観ました!
双眼鏡片手に、そりゃもう必死に☆
可愛い…ひたすら可愛いvv 乾の言う通り、キラキラしてました…(幻覚)
この曲も好きですw DVDに入っているイチ君とKimeちゃんバージョンも好きですョ^^
不二「僕に勝つのはまだ早いよ」
菊丸「残念無念また来週〜☆」
の後、ガシっと手を組み合わせる二人…その時、顔近っ!!
鼻がぶつかるんじゃないかと言うくらい近かった。
サービスですか?(違)

『菊丸VS不二〜ライバルな二人』が終わり、退場する不二と入れ替わりで大石が登場。そして、

大石「英二! 俺と…仲間でも良かったか?」

『ゴールデン・ペア』の前奏が流れ始め、モニターには雨の映像が映し出されます。
大石の質問に大石の肩をポンと叩いて「うん」と頷きながら返事をする菊丸!
すごく菊丸らしくて良かったvv …ってか本当、永山菊丸最高ー☆(しつこい)
そのまま『ゴールデン・ペア』へ突入。
間奏の部分で色々なペアが登場して踊りました。
不二・河村ペア、越前・桃城ペア、乾・海堂ペア…だったと思います。
モニターにはボールの映像で、更に薄暗い舞台に次々登場するペアを確認するのは至難の業でした;(間違っていたらスミマセン)
2曲続けての歌とダンス、永山さんお疲れ様でした!
永山さんと土屋さんの『ゴールデン・ペア』が見られて良かったですw
『ゴールデン・ペア』の後はレギュラー陣全員が登場。
部長の掛け声で『THIS IS THE PRINCE OF TENNIS』が始まります。
「知ってるかい? YOU KNOW〜♪」に合わせてペンライトを前後に振りました(笑)
やっぱり、テニミュと言えばこの曲『THIS PRI』は盛り上がりますねっ!
そのまま続けて『I’M ALWAYS WINNER』へ…。
この2曲はリョーマ中心。
新リョーマ役の遠藤君の緊張っぷりがこちらまで伝わってきまして、「頑張れ! 頑張れ、リョーマ!!」と思わず心の中で応援してしまいました;
歌は要練習ですね^^; でも、すごく頑張っていたと思います。
遠藤リョーマ、初々しかったですw
最後は全員がテニミュライブのパンフレットの表紙と同じポーズを取って第一部が終了しました。


<第二部開始まで20分間の休憩>


ちなみに、関係者席にいた皆さんは休憩開始と同時に席を立たれました。
そして第二部開始ギリギリに戻ってきました。


◆第ニ部◆

「ザ・レギュラー」の曲と共に登場したメンバーは、私服!!
何か見覚えのある服装…と思っていたら、コミックス10巻の表紙をイメージした服装でした。(タカさんが説明)
(永山さんは黒のTシャツに赤のパンツ、缶バッチが3個付いた黒のニット帽姿でした)
そのタカさんが「でも俺、あの表紙に載ってないんだよね」と一言;
その理由を菊丸が「確か、あれって人気投票の上位10名までが載―…モゴモゴ」不二を中心とする他のメンバーに口を塞がれ押さえ込まれていました(爆笑)
他にも各メンバーが色々と服装について話し、大石はいつもジャージ、桃城はいつもタンクトップをやたら強調(笑)
海堂は赤いバンダナ姿を客席から「似合うー」と褒められ、多分素で照れていました。(可愛かったですv)
それぞれの服装を褒め合う中で、部長が咳払いを…どうやら自分も褒めてもらいたい模様(笑)
そこで大石が、

大石「手塚、その服はどこで買ったんだ?」
手塚「渋谷だ」

そして、乾が、

乾 「…手塚、まさか、某デパートで?」
手塚「その、まさかだ」と。

途端に客席から「マ○イだ…○ルイだ…」の声が…(笑)

その後、せっかくのライブなんだから何かしようという話に…。
乾の提案を無視して、バレーボール(ボールは無いです)を始めるレギュラー陣(笑)

乾 「そうか、そんなにお前達は乾スペシャルドリーム汁が飲みたいのか」

の声に、皆動きを止め、乾が提案したカラオケ大会をすることになります。
ところが、皆から「乾の歌が聞きたい!」と逆襲(笑)
遠慮する乾に「そんなコト言わずにさぁ!」と始まる『ザ・レギュラー』のアカペラメロディーと手拍子…
それに押されて歌ったら歌ったで、「無理するなよ」「もういいよ」「これ以上は可哀想だ」などと言われマイクを取り上げられる乾…やられキャラだ(笑)
乾 「次は誰に歌ってもらおうかな」
と、言う乾を明らかに意識して舞台の端で発声練習を始める部長(爆笑)

乾 「えと…じゃあ……不二!」

結局、部長は指名されませんでした。
でも「不二にマイクを渡したら離さないよ!」という内部告発が(笑)
そんなこんなで、いつの間にか移動したマイクはタカさんの手に!
バーニング状態になったタカさん。そして『俺はバーニング』がスタート☆
レギュラー全員巻き込んでのダンス、途中からハッピ姿になったタカさんは、神輿に乗ってバーニング!!
歌詞も「わっしょいイエイイエイ!!」になりました。
歌が終わった後もマイクを持ったままで、バーニング状態のタカさん、「何でハッピ着ているの?」の問いに「お祭りだって聞いたからだ!」と。(誰に聞いたんですか?/笑)
その隙にマイクを奪還。
正気に戻ったタカさんは、「俺、何でこんな格好しているの?」…って(爆笑)
そんなタカさんが、客席後方の小さい舞台に某人物を見つけます。
ライブのゲスト、不動峰の伊武深司こと小西さんが登場!
せり上がった小舞台で『真剣勝負とはそういうこと』をギターの弾き語りで歌いました。
歌はもちろん、ギターもすごくお上手でしたw
小西さんは本当キレイな顔立ちですね〜vv 小舞台が近かったので、見とれてしまいました。
歌い終わった後、レギュラー陣から「こっちに来いよ」とメインステージに呼ばれる伊武。
最初は間髪入れず「ヤダ」と断るのですが(笑)、
「しょうがないなぁ…」と小舞台を降りて大石に急かされ途中から走って移動。

メインステージに上がった伊武は「俺の曲どうだった?」と客席に聞きます。
「格好良かったー」「上手かった」などと声が飛ぶと、
伊武「ホントは思ってないくせに…」と。(午後は「最初ちょっと笑ったくせに…」でした)
ボヤキ最高☆(ぇ)
午後は、不二役のKimeruさんを見て「アレ? 越前君イメチェン?」とアドリブを!(笑)
「いや、僕は不二だよ」と必死に主張するKimeちゃんが面白かったです。
さっさと帰ろうとする伊武ですが、ある人から手紙を預かっていたコトを思い出し読むコトに。
午前は石田からで、午後は橘からでした。

伊武「青学レギュラーの皆さん、会場にいる皆さんへ……ぬんっ!! …以上」(石田編)
伊武「青学レギュラーの皆さん、会場にいる皆さん、そして手塚部長へ。チャーレンジ♪ …以上」(橘編)

どっちも、短っ!! 広げられた手紙はめちゃめちゃ長かったのに(爆笑)
2人とも何を伝えたかったのか、さっぱり判りませんし(笑)
午後の手紙は読み終わった後、無理やり手塚部長に手渡していました。
そして、伊武は退場〜。


部長「よし、全員集合だ!」
菊丸「もう集まってるよ!」

ナイス突っ込みです、永山さん(笑)
でも全員集合しているものと思っていたら、実はずっとリョーマが居なかったコトが判明。(私も途中まで気付いていませんでした;)
レギュラー陣が呼ぶと、南次郎と一緒にリョーマ登場。

南次郎「あ、リョーマちょっと待って、靴下が下がってるから上げるね」

などと言って服を直す姿は親バカを通り越えて、変態に見えました;(失礼)
南次郎が去った後、皆に「誰なんだアノ人」と聞かれ
リョーマ「さぁ? 知らないッス」(冷たっ/笑)
と答えた為、本気で心配されてしまい「警察呼んだ方が良いんじゃないか」とまで言われたリョーマは流石に「だ、大丈夫です」と答えていました(笑)

なぜか急に前に出てくる部長…

手塚「じゃあ、次のコーナーに行こうか!」(誰!?…ってゆーか『コーナー』って?/笑)

部長が仕切るのかと思いきや、間が持たず結局、乾に任せることに(笑)
そして始まったのが、
乾「第一回・ドキッ☆乾は見た! 青学レギュラー陣プライベートショット大会〜!!」
乾が撮影した、レギュラー陣各自のオフショットを公開するというコーナーです。
(もちろん、ライブ用のやらせショット/笑)

@寝起きの不二。
A電車と競争する桃城。
B親孝行な河村。
C幸の薄い海堂。
D癒し系の菊丸。
Eヤラシイ目つきの大石。
F至福の乾。
G小学生の手塚。(←コレ、最高でした!!大爆笑です)
H練習姿ばかりの越前。

の、順番で公開されました。
全員分書くのは大変なので、菊丸と衝撃(笑)の手塚だけ感想を書きますね。
菊丸編は、

・顔が隠れるくらい、でっかいイチゴパフェ。
(ってか、パフェに隠れるくらい永山さんの顔が小さいんですね;)
・笑顔でパフェを食べる姿。
・イチゴを美味しそうに頬張る姿。
・満足顔でごちそうさま〜☆

…の癒し系ショットでした。
可愛らしい写真に、叫びかけました…いや、叫んでたかも;
「あの写真売ってくれ!!」と本気で思いましたもの。
会場からは「可愛い〜vv」の声が!
午前はこの声に永山さんは素で照れておられ、終始ニコニコ顔。
そんな姿にまた「カワイイ〜w」の声。
午後は、満足顔ショットの後、

乾 「何で、パフェの容器が2つあるんだ?」

と、突っ込まれ、

大石「あの時の…」

なんて意味深に答えるから、観客(の腐女子)が問題発言に大興奮!!(笑)
菊丸は困ったような笑顔を大石に向けて、人差し指を口に当てて「し〜っ」と……その姿が、もうっ!!
は、反則です! ホント、可愛すぎです永山菊丸vv(おちつけ;)
あの姿にやられ、永山ファンになった人多いだろうなぁ。。。

そして、衝撃もとい笑撃の手塚編。

乾「手塚の写真は、皆と違ってなかなか入手が難しかった…。そこで、手塚のお母さん…手塚彩菜さんの協力を得て入手した写真がコレだ!」

と、モニターに映し出された写真は、

・小学生の手塚!(ランドセル背負って半ズボン姿)
・公園にある乗り物に乗ってポーズを決める小学生手塚!(手にはテニスボール)
・登校風景の小学生手塚!(背が大きいので、目立つ)

…ありえないショットの連続で、場内大爆笑でした。
滝川さんノリノリじゃないですかっ!(笑)

全員の写真が公開された後、地区大会のトーナメント表がモニターに表示されました。
聖ルドルフ学院・山吹・氷帝学園とこれから青学があたる学校名がクローズアップ!
次回作を期待させる演出に、すごい歓声が上がりましたw
(実際、すぐ聖ルド戦が決定しましたね;)

ここで、新曲のロックバラード『NOW&FOREVER』を披露。
良い曲でした♪ ボーっと聞いていただけなので、歌詞を早く知りたいです;
それから最後までは歌だけで、『VICTORY』(こっそり戻って来た伊武が参加していました/笑)
『VICTORY』が終わった後、レギュラー陣は退場。

『地区予選』の曲に合わせ堀尾が登場し、ソロダンス。
遅れてカチローとカツオが登場して、一年トリオでダンスを披露。
息ぴったりで、回を重ねるごとの上達振りには目を見張ります。

『チャレンジ〜すべては勝利のために』の時に登場したレギュラー陣はブルーを基調にしたスーツで登場!!
永山さんは水色のスーツでしたw
滝川さんや青山さんは、普通に似合い過ぎです(笑)
格好良かったから、良いですけどねv
『VICTORY〜お前は青学の柱になれ』を歌いアンコールへ。
アンコールは、『You got game?』かと思っていたら、『Make You Free』でした。
最後は「Make You Free〜♪」大合唱で、大盛り上がりの内にライブは終了〜☆
新リョーマの遠藤君は午後の部、カーテンコールでは感極まっての涙;;
あっと言う間の2時間でした。

舞台とはまた違った内容で、ライブも面白かったです!
9/1発売のDVDが早く観たいですw
新作「ミュージカル『テニスの王子様』More than Limit 聖ルドルフ学院」も楽しみです!!


cpyright(c) Karuha all right reserved.